お客様の声はこちらから

初めての方へ 診療時間・料金 店舗案内 サプリメント通販 お問合わせ ブログ

桜山鍼灸院ブログ

HOME » 桜山鍼灸院ブログ » 今月のお知らせ

7月のお知らせ/逆子に夏場は注意

7月19日金曜日研修の為、お休みです。また、31日水曜日午前中お休みします。

いよいよ本格的な夏到来で、「逆子」になった方への注意して頂きたいこととは。
外気の暑さに、冷たいものや冷房の生活です。

つい暑いからと、冷たいジュース・アイスクリーム・かき氷とかを口にするケースが増えます。
炭酸ジュースは強烈な砂糖の塊。炭酸が抜けたらただの砂糖水です。
砂糖は陰性の酸性食。身体の深部が冷えます。
かき氷は、一気に体温を低下してくれる食べ物ではありますが、身体には冷え過ぎです。
暑いからと、一日中クーラーの中にいると身体は冷えますし、夜つけっぱなしで朝まで寝ると手足が非常に冷たくなっているのが分かると思います。

冬場よりも夏場の方が身体を冷やす傾向が強いと思います。
十分注意してお過ごしください。

5月のお知らせ/捻挫

5月1日(水曜日)即位の及び5月3日~6日までゴールデンウィークで致します。
新学期が始まり、学校生活・社会生活に慣れ部活動・社会人チームなどでスポーツが盛んになる季節です。
こんな時、ハッスルし過ぎてよくあるのが「捻挫」
先日も高校生の子が捻挫して治療にやってきました。早く復帰したいので何とかして欲しいとのこと。
整形外科では、湿布が出されて腫れがひくまで様子をみてください。とのこと。
「早く復帰したい」。そんな要望に応えるのが鍼灸です。
「捻挫」した部位の圧痛を調べ、数点直接お灸を据え、皮内鍼という鍼を張っておくだけで劇的に痛みと腫れは消失します。
この高校生、一回の施術で楽になり元気に部活動に戻りました。
過去に剣道部の子にも施術しましたが、同じ様に楽になり試合に出場できたこともありました。
やはり、急性期の疾患、特に炎症症状の時は「お灸」がいい効果を出してくれます。
困った時は、鍼灸へどうぞ。

2月のお知らせ/乾燥肌に保湿アイテム

2月21日木曜日・28日木曜日は研修の為、お休みとさせて頂きます。

いよいよ節分を迎え本当の意味で新しい年を迎える月がやってきました。
この時期、1年で一番寒い時期でもありますし、肌の乾燥する時期でもあります。

当院では肌の保湿と再生に最適な「マカダミアナッツオイル」と「きららパウダー」をお勧めしています。

マカダミアナッツオイル」は非常に酸化しにくい性質の油であり、人皮脂に類似した組成から食用以外に美容面でも多く扱われている万能オイルで「アンチエージング」のひとつです。

そこに「きららパウダーケイ素パウダー)を加えることで抜群の効果が期待できます。

ケイ」は皆さんご存知の様に皮膚・爪・髪・細胞の再生に関係が深く、パウダー状になったケイマカデミアナッツオイルを溶かして肌に擦りこむ様にのばしていくのがコツです。

お試しあれ。

1月のお知らせ/坐骨神経痛と鍼

1月5日土曜日より診療始めます。 1月14日祝日診療致します。
1月15日火曜日は研修の為、お休み致します。

新年、明けましておめでとうございます。いよいよ新年号の年を迎えました。
皆様いかがお過ごしでしょうか。1月・2月という月は、1年で最もえる月でもあります。特に底冷えといいまして、身体にも非常に影響が出やすい時期であります。
この時期多い疾患が坐骨神経痛」なんです。
冷えは大敵で、腰に何かしらの疾患を抱えている方の7坐骨神経の痛み」を訴えることが多いです。
最近では、インナーの進化によりヒートテックのような便利な保温衣類があるので防御の為に工夫したいですね。
この坐骨神経痛」を患うと整形外科でブロック注射をされるようですが、簡単には楽になりません。
東洋医学、中でも「鍼」はこの疾患に強く劇的に改善されていきます。
整形外科の治療で3ヶ月の治癒と考えると鍼は1ヶ月以内で治癒すると思って頂いていいと思います。お困りの方は、是非どうぞ!!

12月のお知らせ/冷えと逆子

12月6日は研修の為、お休みさせて頂きます。
24日月曜日祝日営業致します。本年は29日土曜日までの営業とさせて頂きます。

いよいよ師走になり外気温も下がってくる季節となりました。この時期駆け込みのように逆子の方が沢山お見えになります。
原因を一言で言うと「冷え」です。
「冷え」に対す改善のおさらいをしておきます。

  • 甘いもの(白砂糖の入っているもの)を多く摂らない。
  • 炭酸飲料水を摂らない。
  • 生姜湯を摂る。
  • 甘酒を摂る。
  • 高濃度ミネラルを摂る。
  • 足湯をする。
  • ヒートテック等下半身の冷えに対する防御をする。
  • 締め付けない程度の腹巻をする。
  • カイロを腰と臍の下へ貼る。両臀部にもよい。
  • お灸を「三陰交」と「至陰」というツボに据える。

究極は直接もぐさのお灸を上記の場所に据えることです。

次のページ≫
お問合わせご予約はお電話またはお問合わせフォームよりお願いします。
トップへ戻る