お客様の声はこちらから

初めての方へ 診療時間・料金 店舗案内 サプリメント通販 お問合わせ ブログ

桜山鍼灸院ブログ

HOME » 桜山鍼灸院ブログ » 今月のお知らせ

2月のお知らせ/花粉症

節分を迎える季節になるとやってくるのが花粉です。これに悩まされる方がどれほど多いか。
2月~5月くらいまで花粉症」に苦しめられ憂鬱な毎日を過ごすことになるのです。

鍼灸救世主というべき治療だと思います。

頭の髪の毛生え際、鼻から真っ直ぐ上がった親指一本分入ったとこ辺りに圧痛があるのでそれに10回程おを据えてあげると、鼻の詰まりが通って楽になります。

その施術を数回定期的に続けると「鼻は起こらなくなってくるのです。

これも、「鼻が起きる少し前から治療するのが効果の秘訣です。

令和2年 1月のお知らせ/妊婦さん・妊活中の方必見!!

1月日~までお正月です。4日から始めます。

 

令和1年を振り返って体調面に大きく関わっていたのは『ミネラル不足』の患者さんが実に多かったということです。

特に「妊婦さん」「妊活中の方」に多く、これらの方に必須で摂取して頂きた食材は黒大豆です。

 

東京慈恵会医科大学客員教授の「横田邦信先生」は言われます…糖尿病や生活習慣病にはマグネシウムが深く関係していると。

また、妊婦さんや不妊症の方は、特に鉄分・カルシウム・マグネシウムが不足がちで体調を崩している方が増えていると。

 

現代人は主食に大麦や雑穀を食べる量が激減しており、鉄分・マグネシウムをはじめとしたミネラルが不足しています。

しかも、現在の主食が精製された白米を主流としているのが現状です

塩も精製され摂取できるマグネシウムの量は愕然と落ちています。

 

当院では効率よく安全に吸収できる製品として「マザーBBをお勧めしています。

豆類は全般的にマグネシウムが多く(大豆 乾燥 110mg/100)

妊娠中のこむら返り予防にも効果が期待でき、鉄分不足も補えます。

 

黒大豆はポリフェノール・イソフラボン・レシチン・コリン・カリウム・カルシウム・鉄分・食物繊維・オリゴ糖・ビタミンB群・ビタミンE等を含みます。

 

喜ばれている方が多いので、多くの方にお勧め致します。

12月のお知らせ タイトル ぎっくり腰・坐骨神経痛

12月26日(木曜日)お休みです。

 

いよいよ師走に入り各ご家庭でも大掃除が始まります。と同時に外気温も低下してきて特に増える疾患がぎっくり腰」・「坐骨神経痛」です。

 

両疾患共、根本的な原因は冷えからきています。

深部の冷えが強い状態で日頃しない作業を長時間続けた後に発症しているケースが多く、この時期特に多いのです。

 

大掃除の後の身体ケアはもちろん、大掃除する前にも軽い準備運動が必要だと思います。

事前の準備を怠ると後で酷い目に合うことになりますよ。

 

鍼灸ではこうした疾患を非常に得意としている施術ですので、なってしまったら是非早めに施術に来てください。

 

痛みを我慢して酷くなってからの施術では、それなりに回復が遅れます。

皆様頑張って大掃除してくださいね。

10月のお知らせ/体調管理とホルモン調整

10月12日土曜日お休みです。

一定の年齢が来ると女性も男性も体調に変化が出で来ます。そこに影響しているのが「ホルモン」です。

特に注目して頂きたいのは女性ホルモンに影響していく食材です。

当院では、大豆を主原料とする「MOTHER B.B」という商品を推奨しております。

原料は、黒大豆(国産)・大豆胚芽(国産)・深層海水塩・マザーシュガーです。

たんぱく質・ビタミンB群・ビタミンE・ミネラル・レシチン・サポニン・チルヒジシン・食物繊維・リノール酸が「マザーB.B」の栄養成分です。

女性疾患はもとより、不妊症・妊婦さんの栄養・男性においては前立腺肥大の予防にも良いと思います。

古来、日本人は大豆を主とする食文化ですから絶対必須の食材です。

粉末になっていますので、牛乳で溶いて食されるといいかと思います。

9月のお知らせ/夏バテ

9月21日(土曜日)役員会でおみ  26日(木曜日)研修でお
9月23日(月曜日祝日)診療あります!!

朝晩が涼しくなって過ごしやすくなりましたが、日中はまだまた暑さが続いています。
「夏バテ」というのは、こういう時期に出てくるもので、身体のコントロールが上手く出来なくなるのです。
鍼灸はこうした症状の回復を非常得意としており、早期改善の方法でもあります。
全身調整鍼」というのは全身の血気の巡りを良くしてくれる治療であり、鍼をして30分後には、身体の疲れが嘘のように改善されているのが実感できると思います。
この夏の終わりに体調改善如何でしょうか?

≪前のページ 次のページ≫
お問合わせご予約はお電話またはお問合わせフォームよりお願いします。
トップへ戻る